HOME>お金の稼ぎ方編

無料で物やサービスを提供してお金を稼ぐ方法


急速に増え続ける無料で物やサービスを提供するビジネス

大きなお金を稼ぎ出すビジネスモデルのひとつに、無料で物やサービスを提供してお金を稼ぐ方法があります。

「無料で人に提供していたら、儲けはおろか大損じゃないの?」

そう思われる方も少なくないはずです。しかしんな方の多くも、実は無料サービスを日々活用しているものです。

インターネット上には、無料で享受することのできるサービスが、数多く存在します。たとえばスマホにダウンロードして用いる各種アプリは、その多くが無償提供されています。また、ブログやホームページを作成する際に必要となるブログサービスやレンタルサーバーも、無料で提供する業者が少なくありません。SNSサービスやゲームなども、日々使いながら、お金を支払う必要がないものがほとんどです。

インターネット以外においても、無料で手にすることができるものは数多くあります。たとえば、駅などで手にすることができるフリーペーパーは、文字通り無料です。最近のフリーペーパーでは、充実したコンテンツを売りにするものも多くなりました。さらには、休憩スペースや喫煙スペースを始めとした各種スペースも、民間企業が無料で提供している場合が少なくありません。

このように、私たちの生活の中で、無料で利用することができるものやサービスは、数多く存在するものです。

ユーザー側としては、とてもありがたいことですが、では、提供業者は、どのようにして利益を確保しているのでしょうか。無料で提供していては、制作やサービスの維持に多大なコストがかかることから、大きな損失を計上してしまいそうに思います。

ところが、これらの業者は、しっかりと収入を上げているものです。急成長をしている企業なども、数多く目にされていることでしょう。

「不思議なこともあるものだ・・・」

たしかにおっしゃるとおりです。

では次に、このようなビジネスモデルがどのように利益を出しているのか、そしてそれを私たちが自らのビジネスも出るとして取り入れることはできないかについて、説明を進めていくことにしましょう。

無料提供のビジネスモデルに隠された高い収益性とは

昨今ではインターネットセキュリティの重要性が、一般にも浸透してきていることから、ユーザの多くは、セキュリティソフトを活用しています。その多くはお金を支払う必要がありますが、中には、無料でありながら比較的高度なセキュリティ機能を持つセキュリティソフトもあります。

さて、しかしながらセキュリティソフトを提供する側では、多大なコストが生じるものです。なぜなら、増え続ける新たなウイルスに対応する情報を開発し続ける必要が在るからです。また、この情報を全ユーザに届けるためのサーバ環境も充実させなければなりません。このように多大な資金が必要となるわけです。

ところが、製品は無料ですから、お金を稼ぐことができません。なぜ彼らは、このような損失リスクを抱えて、セキュリティソフトを提供するのでしょうか。

実は、無料で提供することにより、彼らが享受できる大きなメリットがあります。それは、広告費を最小限に留めることが可能になるという点です。

インターネットの世界では、提供されるサービスやプロダクツが高品質であり、なおかつ無料となれば、非常に短い期間で全世界へと知れ渡ることが少なくありません。彼らの狙いはここにあります。

これを有料の広告媒体を用いて実現する場合、億単位の資金を要するはずです。彼らは、ソフトを無料にすることで、このコスト削減を実現しているわけです。

「世界に知れ渡っとしても、無料では結局稼げないではないか」

そう思われることでしょう。

しかし実は、このセキュリティソフトには、より高度な機能を持つバージョンが用意されていたりします。そしてこれを有償提供するわけです。無料版が気に入れば、お金を支払ってでもそれを手にしたいと考えるユーザは、必ず存在するものです。

確率的に少なかったとしても、市場は全世界です。たとえば、1億ユーザの0.1%であったとしても、10万人がこの商品を購入する計算です。仮に製品価格が3千円であった場合、売上げ総計はこれだけで30億円になります。

しかも、高機能な無料ソフトの場合、1億人が使うようになるまで、わずか数ヶ月程度ということさえあります。

また、世界中に知れ渡った段階で、関連商品の販売なども始めることでしょう。ユーザは日々活用しているソフトウェアの関連商品に興味を示すかもしれません。関連商品売上げも、非常に大きなものとなることでしょう。つまり、儲かるのです。

ここでは、セキュリティソフトを例に挙げましたが、無料ブログやホームページ、無料ゲームなど、すべて無料で多くのユーザを取り込むものの、何らかの収益モデルをそこに用意しているものです。

いかがでしょうか。

無料で物やサービスを提供するビジネスモデルには、このような大きな仕組みが存在していたわけです。

もし今後、何らかのビジネスモデルを作り上げてお金を儲けることをプランニングされるのであれば、是非ともこの方法を組み入れることができないかを、検討されてみることをお勧めします。比較的短期間に、ビジネスを急拡大させることに成功されるかもしれないからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の稼ぎ方編