HOME>お金の節税編

日本国民の納税義務の重さを把握する


税金の滞納は自己破産においてもすべては免責されない

日本国民には、教育、労働、納税の義務が課せられています。これは日本の最高法規である日本国憲法においてしっかりと定められています。

国を維持するためには、高い教育レベルのもと子供たちを育て上げる必要があります。子供たちが成人となって以降、高い生産性を上げることができれば、結果として国力を支えることになるからです。また、しっかりとした教育を施すためには、労働をすることでお金を得る必要もあるはずです。個々の労働もまた国力に直接的に繋がります。

さらには、労働によって得た所得の中から、税金も支払う必要があります。税は国や地方自治体の運営をささえます。また、これらの業務を担当する公務員の給与や公共投資など、さまざまな部分において、実質的な経費として充てられるのみならず、これもまた国力を支えることに繋がるものだからです。

「これでは国を支えるために生きているようなものではないか」

と、そのように感じられる方もいらっしゃることでしょう。しかし税金によって支える国家とは、国民の生活や財産を守るための仕組みでもあることから、結果的に義務に対する恩恵を、私たちは享受することになるものです。

日本国民であれば、教育、労働、納税の義務からは逃れることができません。本サイトにおいては、お金がどうしても返済できない策として、任意整理や自己破産についてもふれてきています。債務を国の許可のもと、免責してもらうことができるわけです。しかしながら、国民の義務としてうたわれている一つ、納税については、すべてとはいきません。

滞納処分の停止執行が適用される場合もありますが、所得税や相続税などの国税、住民税や自動車税などの地方税などについては、支払い義務が残るのです。つまり税金の滞納は、たとえ自己破産したとしても残る場合があるわけです。

納税額を少なくしたりゼロにすることは可能である

決して免れることができない納税ですが、では、納税額をより安くすることはできるでしょうか。

「税金とは払うものではなく、納めるものである」とお役所はいいます。しかし、払う場合も、納める場合も、財布からお金が出て行くことに変わりはありません。つまり、義務であろうがなかろうが支出は支出であり、よってこの支出をなるべく安く済ませることができるなら、それを貯蓄なりに回すことができることになります。

税金については、同様のことを考えられる方は少なくありません。ただし、納めたくないからと、本来支払うべき税額をごまかしたり、隠したりすることは犯罪となります。ごまかすことで税金の納税を免れようとすると、後に重加算税や重いペナルティを課せられることがあるわけであり、決してすべき行為ではありません。

では、税金を節約することは無理なのでしょうか。

結論から申し上げるに、合法的に税金を節約する方法はいくらでもあります。合法的ということから、正しく納税する必要は当然ありますし、規定の納税額を納める必要もあります。しかし、さまざまな状況を組み合わせることにより、算出される税額を低く抑えたり、一旦支払った税金を、戻してもらうことができるのです。

これを一般に「節税」と呼びます。とてもポピュラーな方法であるとともに、私たちの生活に密着することから、この言葉を知らない人は少ないはずです。

本カテゴリにおいては、税金についての知識を深めるとともに、免れることはない税金を、なるべく少なくしたり、時にゼロにするための方法について学んでいくことにしましょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の節税編