HOME>お金の貯め方編

収入を上げるより重要な支出を減らす取組み


年収をいくら上げてもお金を貯めることができない訳とは

お金を貯めるためには、収入をあげることよりも、むしろ支出を減らす取組みをする必要があります。

「もう少し給料があがれば、俺も貯金ができるのに」

このような言葉をよく耳にします。しかしこの考え方では、給料が上がったとしても、結果として貯蓄をすることはできません。

なぜなら、現在貯蓄の余裕がない人が、たとえ収入を増やすことができたとしても、その際には、さらに上のライフスタイルを見てしまうからです。つまりいつまでたってもお金は足りず、結果としてお金を残すことができないものなのです。

ですから、貯蓄は、今から始める必要があります。

しかしそうはいっても、今まで足りなかったものを、余らせて貯めていくことは、簡単な話ではないはずです。各所を節約したとしても、ある日気を許した瞬間に、お金は出て行ってしまうからです。

では、どのようにしたら、これまで足りなかったお金を、逆に余らせて、確実に残すことができるようになるのでしょうか。

これには、抜本的な生活改善が必要となります。まず削減しかねればならないのは、月々の家賃です。これを半分からゼロにします。

「そんなこと、できるはずがない」

多くの方がそう思われることでしょう。では、現在の家賃の半額の物件は、存在しないでしょうか。また、実家に戻ることは不可能でしょうか。抜本的な生活改善とは、つまり住環境を大きく変えるということに他なりません。

また、住環境を変える為には、それまで持っていた多くのものを処分しなければならなくなるかもしれません。車や家電製品などもしかりです。随分と不便な暮らしを強いられるかもしれません。しかし、これを乗り越えなければ、結果として経済的自由を手にすることは難しいといえます。

抜本的な改善を図る必要性とは

さて、ではなぜこれほどまでの抜本的改善を図る必要があるのでしょうか。

「これほどまでしなければ、お金は貯めることができないものなのか」

そんな思いが脳裏をよぎったかもしれません。しかし実は、これほどまでに変えなければならないほど、多くの方々の収入に対する生活水準や消費額が多大なのです。

私たちの生活の中には、気を少し許すだけでお金を使ってしまう魅力的な商品やサービスが数多く存在します。

また、それらに対する欲望を高めるための意識誘導さえ、日々受けているものです。つまり、インターネットやテレビ、雑誌などあらゆる媒体で目にすることになる広告の存在です。

このように、私たちの生活環境の中には「お金を使ってください」というメッセージが、いたるところに存在するわけです。このため、私たちはとかく消費や浪費に走りやすくなります。その月、余ったお金があれば、穴が開いたバケツから水がこぼれるかのように、お金はどんどんと出て行ってしまうわけであり、これまで足りなかったお金を余らせるためには、生活基盤から見直すことが最も簡単な方法といえるわけです。

また、生活環境の抜本的改善を図ることができれば、それにつれて経費も下がるものです。部屋が狭くなれば、公共料金も安くなります。また、新たに商品を買い込むスペースも制限されることから、支出額を楽に抑えることができるようになることでしょう。

すると、これまで足りなかったお金が、月末にも余るようになります。つまりお金を貯めることのできる環境が整うわけです。

あとは、収入が徐々に上がるごとに、その収入から貯蓄額を減額した中で、ライフスタイルを徐々に向上させていけば良い事になります。収入の範囲内でかつ貯蓄もできるわけですから、いわばこれこそが、健全な生活であり、ライフスタイルということになります。

抜本的改善を図ることに成功したのなら、あとはその地点から、健全な状態を保ったまま生活水準を上げていったとしても、毎月確実にお金が積み上がるようになります。つまり、経済的自由や大きな資産を手にするための、第一歩を踏み出すことに成功したわけです。

このように、お金を貯めるには、収入を上げるよりも、抜本的改善において、支出を大幅に減らす取組みが不可欠となります。

仮に現在、ワーキングプアの状況に陥っていたとしても、これを実行するだけで、過度な労働環境から抜け出すことができます。また、将来を見据えた前向きな生活を送ることができるようになるものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の貯め方編