HOME>お金の基礎知識

私たちの生活を左右する「お金」の知識を学ぶ


お金の有る無しが別ける天国と地獄

生きていく上で不可欠なもののひとつにお金の存在があろうかと思います。「人生金じゃないよ」と言い切ることができれば、私たちはもっと楽に生きていくことができそうですが、実際にはそれほど甘くないのが現実です。

お金がなければ、食べることができませんし、生活の場となる住まいを持つことさえできません。いくべき所へ行くことができず、手にしたいものを手にすることができず、受けたいサービスを受けることもできません。人とのコミュニケーションにも支障をきたすこともあることでしょう。つまり、お金がないというそれだけの事実が、私たちの生活の多くに問題を引き起こすことになるわけです。

一方で、有り余るお金を持つことができれば、そんな過酷な生活は一変することになるはずです。

まず、お金を得るための労働は必要なくなるはずです。早朝から混雑する通勤電車に詰め込まれる必要はありません。嫌な上司から小言を言われることもありませんし、得意先に頭を下げる必要もないでしょう。

また、自分が住みたい国や地域、場所に住むことができます。波乗りが好きな方であれば、波乗りポイントの近くに住み、波乗りだけして生涯をすごすことができますし、都会が好きなのであれば、タワーマンションの最上階で、日々摩天楼の夜景を見ながらゆったりとワインを飲むこともできるはずです。

行きたくなればすぐにでも、その場所へと向かうことができますし、細々とした雑務は、すべて人に任せることができます。欲しいものは何でもオーダーできますし、多くの友人に囲まれつつ、楽しい日々を送ることができるはずです。

このように、お金の有る無しは、私たちの生活を一変させるだけの力を持っているわけです。

そもそもお金とは何か

では、私たちの生活に大きな影響を及ぼす「お金」とは、どのようなものなのでしょうか。

お金とは、国家などにより価値を保証された、決済のための価値交換媒体といえます。なお、お金は、流通貨幣、つまり通貨とも呼ばれています。

古代の時代、お金の存在がなかった頃の人々は、物々交換によってさまざまなものを手に入れていました。

たとえば、農耕によって多くの作物を作り出すことができた人々は、作物を持って漁師を訪ねる事で、魚を手にすることができたかもしれません。また、服を作る人がいれば、作物を渡すことで服を得ることができたことでしょう。

ちなみに、サラリーマンのサラリー(salary)とは、ソルト(salt)の語源であるサラリウム(salarium)から由来するそうですが、これは、塩が貴重なものであったことから、労働の対価として塩が支払われていたことによるものです。

つまり、さまざまなものの対価を、古代においては物によって交換をしたり支払ったりしていたわけです。

ところがこれでは、不具合が生じることになりました。まず、物と物の交換なので、正しいレートを決めることができず、不公平性を生じさせることになります。また、物を物で交換しなければならないため、さまざまな物を必要とする場合に、多くの交換すべきものを持ち歩く必要もあったでしょう。さらには、交換するために用意した物の鮮度が落ちてしまうと、その段階で価値がなくなるリスクも生じるはずです。つまり、貯めておくことが難しかったわけです。このように、物々交換による物流には、さまざまな問題をはらみんでいたのです。

そして、この問題を解消すべく登場したのが通貨の概念です。通貨は、価値尺度、流通手段、価値貯蔵の3つの機能を持ちます。

通貨の価値が定まれば、物の価値を数値として置き換えることができます。つまり価値尺度の設定が可能となるわけです。また、通貨は流通手段としても大きな効果をもたらします。流通する多くのものも、一旦通貨に換えてしまえば、物自体を持ち歩くことなく、遠方においてでも、それを目的の物資へと変えることができます。

さらには、通過があれば価値貯蔵を図ることが可能となります。たとえば、作物を収穫した場合でも、その作物を売り払ってお金に替えて追えば、いつでもお金によって別のものを手に入れることが可能となります。作物であればすぐに傷んでしまいますが、お金であればいつまでも価値を貯蔵することができるからです。

このようにお金は、とても大きな利便性を持つものであるわけです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の基礎知識