HOME>お金の稼ぎ方編

雇用されてお金を稼ぐ効果的な方法とは


雇用された環境でも実行可能な効果的にお金を稼ぐ方法

「雇用されてお金を稼ぐ」とは、つまりはサラリーマンやパート、アルバイトを意味します。つまり、会社などで働き、その対価としての給与を得るわけです。

多くの方は、この方法によってお金を稼いでいるはずです。現在では、非正規労働者の比率が上昇傾向にあるようですが、非正規、正規に限らず、労働対価としてお金を得ている場合、その給与で生活をすることになります。

「雇用されないでお金を稼ぐ方法なんてあるのか」という疑問もあろうかと思います。しかしこのような方は多く存在します。自ら何らかのビジネスをしていたり、会社を持っている人々です。しかしここでは、あくまで雇用されている方が、効果的にお金を稼ぐ方法について考えを進めてまいります。

雇用されてお金を稼ぐ場合、人によって「効果的」の意味はさまざまであるはずです。

ひとつめは、より多くのお金を稼ぐという意味です。また、もう一方は、現在の手取り金額はそのままでも、より少ない時間で、楽に仕事をしたいと考えられているかもしれません。

ここでは、これらを実現する方法について考えていくことにしましょう。

実は、このふたつの願望は、ひとつの方法によって具現化することができるものです。

一山越えることで見え始める自由な世界とは

サラリーマンの場合、雇用されているわけですから、営業職などインセンティブを得ることのできる部署以外、基本給や時給が会社によって決められているはずです。このため、自分の判断だけでは、なかなか昇給することはできないことでしょう。また、仕事をより楽にしたり、短時間労働にすることは難しいかもしれません。

しかしながら、まったく無理かというとそうでもありません。実際に雇用されたまま、給与を上げたり、思い通りに自由に仕事を進めることに成功している人はいるからです。

さて、ではどうすれば雇用された環境の中で、自分の願望を達成することができるでしょうか。

これを実現するには、一定期間、現在の仕事に没頭することから始めます。また、その中で、どのように仕事を進めていけば効率を上げることができるか、もしくは、生産性や売上を伸ばすことができるかの研究を常に行います。

「そんなことをしても給料は上がらないし、楽にはならないではないか」

そのように思われるかもしれません。しかしこの一山を越えることさえできれば、給与や仕事環境などどうにでもなるものです。

特に、中小零細企業にお勤めであれば、さらに自由度は増すことでしょう。

必死に働けば、そして常に生産性や売上を向上させることの研究を進めていけば、自ずと自己のスキルは上がっていくはずです。また、会社側の評価も高まることでしょう。それでも必死に仕事を続けることで、上司はおろか経営者からの評価も高くなります。

すると、会社の扱いに大きな変化が見られるようになるものです。中にはヤッカミを買うこともありますが、出過ぎる釘は打つことができないものです。なぜなら、経営者などからも高い評価を得ている人間を潰しにかかったとしても、逆にリスクが増すだけだからです。

この域にまで達すことができれば、実は弱みは経営者側、会社側に発生します。高い評価を得ることになれば、経営者はその社員を離したくはなくなるはずです。また、その社員がいなくなった場合、会社運営にさえ影響を及ぼすことになれば、扱いには慎重にならざるを得ないからです。

あとは自由に立ち回ることができるようになるものです。たとえば、経営者と直接年収の交渉をすることができます。他社からのヘッドハンティングがかかれば、それも交渉素材として使えることでしょう。

さらには、勤務形態も、可能な範囲内で自由に変えていくことができるはずです。行動に関しても逐一監視されることはなく、売上さえ上げてくれれば問題はないという方向へと、評価が変わるのです。つまり、雇用されながら自由度を大幅に広げることができるようになるのです。

ですから、是非ともそんな評価が得られるまでは、必死に働き続けるとともに、常に生産性や売上を向上させるための方法を、仕事の中に見いだし続けることをお勧めします。

一山を越えることさえできれば、そして自分がいなければ、ある程度の売上を確保できなかったり、多くの人間をまとめることができないような立ち位置に立つことさえできれば、それから以降は、真の自由を手にすることができるはずだからです。

「実行する価値はありそうに思うが、自分は契約社員なのでそれは無理」

そのような方も、現在では少なくないことでしょう。

しかし実は、上場企業において、必死に働く契約社員が、その評価から、独立して会社を持つように進められ、起業と同時に取引口座を持つことができたケースがあります。また、パート社員が、後にフランチャイズを展開する企業の経営者にまでのぼり詰めた例もあります。

つまり、最初の一山を越えることさえできれば、お金を稼ぐことも、自由度を見いだすことも、案外手に入るものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の稼ぎ方編