HOME>お金の稼ぎ方編

ギャンブルや投機によってお金を稼ぐ


ギャンブルや投機によってお金を稼ぐことは可能か

「ギャンブルや投機によってお金を稼ぐ」という言葉には、ある種の魅力があるものです。一攫千金という言葉がありますが、これを具現化する可能性を秘めているからです。

「5000万儲けた」「2億円まで資産を膨らませることができた」などとの言葉を耳にすると、そんな夢を手にできるのなら、ひとつ始めてみようかとの思いが脳裏をよぎるのも、おかしな話ではありません。

しかし、実際に参戦して資産のすべてを短時間に失ったり、多大な借金を背負う人が後を絶ちません。つまり、ギャンブルや投機によってお金を稼ぎ続けることは難しいというのが、確率的に考えたうえでも、正しいと言うことになりそうです。

ところが、世の中には、博才に長けた人は少なからず実際に存在するものです。このような人たちは、その市場や商品について、人並みならぬ知識を身につけるのみならず、論理的には説明の付かないような感性を持ち合わせているものです。

たとえば、競馬やパチンコで実際に生計を立てている人がいます。また、外国為替や商品先物により、億単位の資産形成に成功するサラリーマンやOL、主婦なども、実際に存在するものです。

この中には、市場動向が、たまたま自分の思考に合致していたということも少なくありません。また、総合的な相場の流れの中から優位性を見たり、損失を少なく利益を伸ばす手法を心得ている人たちもいるものです。しかし不思議にも、未来を見抜く感性を持ち合わせている人は、決して皆無ではないのです。

よって、このような感性を自分が持つか否かは、知っておいて損はありません。確率的には極めて低いものの、もしそんな感性を持っていた場合、莫大な資産を構築できるかもしれないからです。

ギャンブルや投機で成功するための方法

さて次に、実際にギャンブルや投機によってお金を稼ぐ感性が自分にあるか否かを、リスクなく確認する方法について考えを進めてみたいと思います。

まず最初に、自分に適した投機対象を見極める必要があります。これについては、興味を持てる市場や商品を選択して良いと思います。興味があれば、それだけで、多くの情報を取り込むことができるはずだからです。

投機対象が決定したのなら、まず、その対象の市場や商品について、どん欲に知識を漁ることからスタートします。どのような投機先であれ、プロが存在します。そしてそのプロでさえ、敗退を余儀なくされることは珍しいことではありません。この戦場に、何の知識も持たずに参入したとしても、ビギナーズラックやマグレ以外に勝てるわけはないからです。

さて、十分な知識を持つことができたなら、いよいよ参戦ということになります。しかしここでいくつかのルールを設定し、それを遵守する強い意志を持つ必要があります。

ひとつめは、投資できる最小単位でスタートするということです。たとえば1万円で始めることができるなら1万円から、5万円で始めることができたなら5万円から始めます。投資額を決定したら、次に一回あたりの取引もまた、最小単位で行うことをルールとします。さらには、投機における実質的なルールも設定する必要があります。どうなったら参入し、どのようなタイミングで手を引くかを、あらかじめルールとして決めておくわけです。

「少額では、儲けることができないではないか」

そう思われるかもしれません。しかし、一度に勝負に出ても、負けるのは目に見えています。実際に必死に貯めた数千万円を、一晩で無にしたといった話は、珍しいことではないからです。

仮に、自分に博才があるとわかったなら、それから以降は徐々に投資額を上げていけばよいわけであり、資金は徐々に膨らんでいくはずです。焦ることはないのです。

さて、最小資金や最小投資額からスタートして、まずは、当初の投資資金を倍にすることを目標にします。1万円なら2万円に、5万円なら10万円に増やすことに専念するわけです。この場合、リスクは最初の投資額のみに限定されます。そして当初の投資資金を倍に膨らませることができたなら、その段階で一回あたりの取引額を1.2倍から1.5倍程度へと引き上げます。これを繰り返すわけです。

ただし、途中で資金を失うこともあるかもしれません。そのような際には、自分は向いていないと割り切り、撤退する決意も必要となります。才能がないまま、お金をつぎ込んだとしても、それを取り戻すことは、まずできないからです。

さて、仮に秀でた博才をお持ちであれば、自分が設定したこのルールをしっかりと守ることができるなら、リスクを最小限に、非常に高い利回りをたたき出すことができるようになるはずです。資金は急速に膨らんでいくことでしょう。

なお、幸運にもそうなることができたのなら、もうひとつ、ルールを加えておきましょう。それは、手持ちの資金がいくらになったら撤退するかの厳格な条件設定です。

投機的市場で成功した人々に「撤退は考えないのか?」と聞くと、多くの場合「お金がなくなるまで続けることになりそうだ」との答えが返ることが少なくありません。

投機をビジネスとして割り切るのであれば、勝ち逃げは必須項目となるものです。どのような才能を持った人間であれ、生涯に渡って勝ち続けることは、確率的に非常に難しいものだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の稼ぎ方編