HOME>お金の増やし方編

リスクを回避する投資に向けた準備とは


投資でリスクを回避するための準備とは

これまでの説明により、投資の必要性や、投資で利回りを生み出すためには、しっかりとした知識や経験が不可欠であることなどについて、ご理解いただいたことでしょう。

投資は、利回りやレバレッジが高ければ、それにつれてリスクも高まるものです。よって積み上げたお金を、すべて高いリスクに晒すことは避ける必要があります。

投資によって効果的に利回りを得るためには、その時々の経済状況や市場動向を把握して、資金を分散しつつ管理する必要があります。これをポートフォリオと呼ぶことについては、先にふれています。

ちなみに、投資信託などの商品においては、このポートフォリオを注視しつつ、多くの市場への分散投資により、高い利回りを得ようとします。同様に、私たちも投資配分を考えつつ、効果的な利回りを得たいものです。

では、実際にはこのような投資を実現するためには、まず何から始める必要があるでしょうか。

投資の準備としてまず最初に行うべきこととは

まず、第一の投資先は自己投資といわれます。つまり、自分の投資スキルを上げるための投資から始めるわけです。国債や地方債、各種定額投資、不動産投資など、比較的安全と言われる金融商品や投資モデルから、株式投資、外国為替、商品先物などのリスクの高いそれぞれの市場や金融商品などについての総合的な知識を、まずは知って多く必要があります。

また、各々の市場には、参入可能な最低額を投入することで、実際に運用経験を積む必要もあります。中にはデモ取引などができる商品もありますが、最低額であったとしても、実際の投資を行うことでしか見えないことは多々あるものです。

このように、しっかりとした知識と、実際の取引経験を最小ロットで行うことにより、自らの投資における資質を知ることは重要です。多くの金融商品や市場に実際にふれることで、付随する知識も徐々に深めていくことができるからです。

たとえば、株式累積投資や投信積立などの定額預金は、月500円からでも始めることができますが、たとえ月500円であったとしても、選択した銘柄については、より深い知識を得たいと思うようになるものです。また、経済全体の知識についても、前向きに吸収するようになることでしょう。

一方、外貨預金や外国為替取引にふれることで、外貨の動きや日本のみならず世界経済についても、知ることとなるはずです。これらの相互的な知識が、後に的確なポートフォリオを構築するための土台となるものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の増やし方編