HOME>お金の借り方返し方編

マイカーローンの選択肢を知っておく必要性


マイカーローンを借りる前に

車が必要となり、ディーラーや中古車販売店へ足を運び、これはと思った車を見つけることができたとします。商談も成立し、ディーラーや中古車販売指定の自動車ローンによってその車を購入する運びとなるのが一般的です。

しかし、ここで確認しなければならない点があります。それは、その自動車ローンの金利や種類についてです。ところがこの確認を怠る方は決して少なくはありません。

興味は新しく手に入れた車に集中しているわけであり、わからないでもありません。しかしもし仮に、販売会社の進めるローン金利が高いものであった場合、その後の金利負担は多大なものになるリスクをはらみます。

たとえば、金利3.8%で200万を借り受けた場合と、金利15%で同額を借り受けた場合、ともに返済期間を5年に設定したとすると、支払総額にはおおよそですが60万円以上も異なることになります。ちなみに60万円あれば、中古車であれば1台十分に手に入る金額です。つまり金利の格差とは、それほどまでに返済額を大きく変えてしまうものなのです。

取り扱い金融機関別のマイカーローンの種類

マイカーローンは、取り扱い金融機関別に、信販クレジット系と銀行系に大別することができます。

信販クレジット系は、信販会社や自動車ディーラーなどで扱われている自動車ローンであり、手続きが簡単でなおかつ審査も短時間で済みます。しかし銀行系に比べて高い金利が設定されている場合が少なくありません。また、返済が完了するまでの間、自動車の所有権は、ディーラーもしくは信販会社側にあります。

一方銀行系の自動車ローンの場合は、比較的金利が低く抑えられています。また、自動車の購入費用以外にも、自動車免許取得費用や車検代などもローンの対象となります。さらには、銀行系からお金を借りて、ディーラーや中古車業者に一括で支払うことから、購入と同時に車の所有権を得ることができます。しかしその一方で、手続きが面倒であったり、審査に時間がかかる、審査が厳しいなどのデメリットも持ちます。

車を購入する計画をお持ちであれば、車を探す以前において、これらのローンの選定をしておくことが必要となります。知識があれば、ディーラーから進められるローンの金利を確認すると共に、有利な支払方法を自らが選択することが可能となるからです。

マイカーローンに存在する変動金利型と固定金利型

マイカーローンについてしっかりと調べていくとわかると思いますが、マイカーローンには、住宅ローンと同様、変動金利型と固定金利型が存在します。

金利動向に詳しく、また、今後の変動についてもある程度の把握が可能であれば、これらの型を選択することで、金利をより有利に融資を受けることが可能となります。車とはいえ、融資を受ける金額が大きくなることが少なくないことから、ローンのタイプについても、ある程度の知識を持つことが必要です。このことで、返済額をより少なく抑えることができるはずだからです。

変動金利型は、文字通り借り入れ期間内においても金利が変動するものです。一般的に固定金利型よりも当初の金利は安く設定されているはずです。しかし景気が上向くことで、金利が上昇すると、支払額が上昇するリスクを持ちます。よって今後金利が急激に上昇するような局面においては、ある程度のリスクを覚悟する必要があるわけです。

一方、固定金利型は、返済期間内に金利が変動することはありません。金利は変動金利型よりも高めに設定されていますが、低金利時期であれば、支払い完了までその金利での借り入れが可能となります。また、固定金利型の場合、借り入れ時点で返済総額が確定するため、その後のライフプランをたてやすいといったメリットもあります。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の借り方返し方編