HOME>お金の貯め方編

5年で簡単に1千万円以上のお金を貯める方法


気づくべき右から左のお金の多大さ

たとえばのお話ですが「5年で1千万円お金を貯めてください」と言われたとしましょう。どのように思われるでしょうか。5年で1千万円といえば、1年で200万円です。つまり1ヶ月あたりおおよそ17万円の貯金をしなければならないことになります。

「月17万円?冗談じゃない。絶対にできない」

多くの方が、このように思われるに違いありません。

しかし実は、毎月17万円が、家賃や借金やローン返済などで右から左へと流れている方は、決して少なくないはずです。マンションの家賃12万円、車のローン3万円、家電製品のローン2万円、これだけで計17万円になってしまうからです。

極論ですが、この方が仮に、実家に住み続けて車を持たず、家電製品をローンで買っていなかったどうでしょうか。少なくともこの17万円は必要ありません。また、車がないので保険も駐車場代もガソリン代も必要ません。多分はこれだけで月22万円程度のお金になるはずです。

ちなみに月22万円のお金を5年貯め続けることができると、その総額は1320万円にもなります。ちょっと意外な気がしてきませんか?

自分で稼いでいながら、一度も見ることなく右から左へと流れていくお金の総額は、実は非常に多大なものです。私たちはこの金額の多大さに、しっかりと気づく必要があります。

抜本的な生活改善の決意が多額のお金を生み出す

現在年収500万円の方がいたとして、この方の現在の生活は果たして豊かでしょうか。多分は多くの固定費、ローン返済などに追われ、決して楽には生活されていないに違いありません。

年収500万円の方が、すでに結婚をされ、子供を持ち、そして家族の住む家を持たれているのであれば、この生活苦から逃れるのは簡単なことではありません。

しかしもし、年収500万円の方がまだ独身で、しかも借家に暮らしているのであれば、一時期生活を抜本的に見直すだけで、5年で1千万円のお金を貯めることは、さほど難しいことではありません。

単純計算ではありますが、年収500万の方が、年200万円の生活をすることに成功すれば、年300万円のお金が余ることになります。税金やその他を考慮しても250万程度を残すことは可能となります。

つまり、1千万円には、わずか4年で届くわけであり、5年では1250万円ということになります。

「ありえない。計算上の話であり絶対にできるはずはない」

もし年収500万円の方がそのように思われたのであれば、その方にお伺いしたいことがあります。この世の中に、年収250万円の方は存在しないでしょうか。その方は、生きていくことができないでしょうか。

物事には、絶対はありません。ただ、徐々に引き上げた生活レベルのしがらみにしばられ、動きが取れなくなってしまっているだけであり、その呪縛の中で不可能だと考えさせられいるに過ぎないのです。

お金を貯めるためには、日々の地道な節約も大切なことです。しかし、生活を抜本的に見なおす決意さえ持つことができれば、5年で1千万円のお金を貯めることは、さほど難しいことではないのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の貯め方編