HOME>お金の稼ぎ方編

お金を使うことでお金を稼ぐ方法とは


お金を使うことでお金を稼ぐ意味とは

「お金を使うことでお金を稼ぐ方法」というと、どことなく違和感を感じることでしょう。しかし実は、資産家の多くが、この方法によって自らの資産をさらに大きく膨らませているものです。そしてこの方法は、誰もが知っておく必要があるものでもあります。

なぜなら、単に貯蓄をしてお金を殖やすだけでは、資産は加速度的に増えていかないからです。

実は、お金にはお金を稼ぐ能力があります。多くの企業が、この点を注視し、自社の資産を大幅に増大するためのビジネスモデルを持っているものです。

「お金がお金を稼ぐ」というのも、聞き慣れない方であれば、少々の違和感を持つことでしょう。しかしこれを「投資」という言葉に変えるなら、誰もがご理解いただけると思います。

どのような企業であれ、何らかの投資はするものです。たとえば、銀行からの融資を受けて資材を購入したり、工場を建設したりします。これはいわば先行投資です。実際にはお金を使っているわけですが、その理由は、後にそれ以上の利益を生み出すプランを持っているからに他なりません。

また、資金を投じて会社の株式を取得したり、不動産を購入することもあろうかと思います。これらは予めある程度の利回りを予想しているものです。これもまた、お金を使うことでお金を稼ぐことを意味しているといえるでしょう。

実際にはどのような投資方法を採るべきか

さて、それでは私たちが取るべき投資とは、実際にはどのようなものが存在するでしょうか。

投資には、さまざまな方法が存在するものです。極めて安全な投資から、投機に近い投資までさまざまです。元本割れなどのリスクがない投資であれば、利回りは低くなります。一方、投機的投資であれば大きく儲かる可能性はあるものの、リスクも当然のこと増大します。元本割れはおろか、資金がゼロになるリスクさえあるのです。よってこのことを十分に理解して、より安全に、そしてより高い利回りを追求する必要があります。

一般的に、効果的な利回りを得るためには、ポートフォリオという概念を用います。つまり、総合的に年間どの程度の利回りを生み出すかを慎重に見極めつつ、資産を複数の投資先に分散するわけです。この配分は、定期的な見直しを行いつつ、より安全に、そしてより高い利回りを生むような調整を図ります。

たとえば投資先を、不動産、株式や社債、投資信託、国債、定期預金などに分散し、総合的な利回り予想を調整します。利回りが高い商品は、その分リスクも増大しますから、利回りとリスクの配分を常に考える必要があります。仮に大きな利益を生み出したのなら、再び投資配分を考え、利益の一部を、さらに高い利回り商品へ、一方で一部を利回りは低いもののリスクが少ないか、もしくはノーリスクの商品へと配分をしていくわけです。

なお、これらの配分を的確に行うようになるまでには、金融や投資についての学習を時間をかけて行うことが不可欠です。

「儲かる」との声を信じて投資を図り、簡単に利益を得ることはできないものと考えていて間違いはありません。なぜなら金融市場は、プロが鎬を削りつつ互いにお金を奪い合う戦場であり、そこに知識を持たない素人が参入したとしても、決して勝つことはできないものだからです。

多くの投資先に分散したとしても、マイナスになることはあろうかと思います。しかしその中で、徐々に投資すべき商品や資産配分の取り方、利回りに対する意識を高めることができます。つまり、徐々にではありますが、資産を増やすためのノウハウを構築していくことができるわけです。

なお、再度申し上げますが、人任せによって資産を増やすことは難しいものです。是非ともしっかりと学ぶことをお勧めします。その学びこそが、後に資産を大きく膨らませる原動力となるものだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の稼ぎ方編