HOME>お金の稼ぎ方編

お金を稼ぐために取るべき行動とは


お金がどこに落ちているのかを見極める方法

これまでの説明で、幸せになりたいと願う側と、幸せを提供する側の立場があり、前者から後者へとお金が流れる構図について、ご理解いただけたことかと思います。では、実際にお金を稼ぐためには、どのようなプロセスを経れば良いのでしょうか。

これにはまず、どこにお金が落ちているのかを見極める方法を理解する必要があります。

「お金が落ちている場所?そんな場所が本当にあるものなのか?」

と、そのように思われたのではないでしょうか。しかし実は、お金とは常にさまざまな場所に落ちているものです。まずはそれを探し出し、そして拾い上げる方法を知ることで、お金を稼ぐことは十分に可能となります。

先に、お金を稼ぐためには、幸せを提供する側の立場になる必要があることについてふれています。人は誰もが何らかの問題や悩みを抱えているものです。これらは容易には解消できないものであり、だからそ問題であり、悩みであるわけです。

また、人は誰も、何らかの欲求を持っているものです。「あれがしたい」「あれが欲しい」「あんな人になりたい」と、ある種の欲求は誰も持ち合わせているはずです。人には上昇志向がありますから、欲求が生まれるのもごく自然なことといえるでしょう。

つまり、問題や悩みの解決、欲求は、誰もが持つものであり、そしてそれは幸せになりたいという願いへとつながります。

実はこの問題や悩みの解決、欲求という部分にこそ、お金は落ちているものです。つまり、ここには問題や悩みを解決したい、欲求を満たしたいという強いニーズが存在します。そしてこれを解決するためには、人はお金を支払うことを厭わないからです。

よって、人の抱える問題や悩み、欲求について徹底した検証を行うことは、すなわちお金が落ちている場所を見極めることに等しいことになります。

落ちているお金を拾い上げる方法とは

さて、お金が落ちている場所を見極めることができました。次にこれを拾い上げていく必要があります。実はこれは、さほど難しいプロセスではありません。なぜなら、人の抱える問題や悩みを解消してあげたり、欲するものを提供してあげれば良いからです。

実際、資本経済におけるビジネスモデルは、実はこのニーズ、つまり需要に対して、的確なサービスや商品を提供、つまり供給することで成り立っています。

たとえば、法律的な問題を解消するために弁護士がいますし、病的な疾患をかかえる人を治療するために医師がいます。また、企業においても、何らかの問題を解消するためのスペシャリスト集団が、高い利益を上げることに成功しているわけです。

人や企業は、問題や悩みを抱えていたり、何らかの物を欲している人や企業に対して、それを提供することでお金を得ています。つまり何らかの奉仕をすることにより、その対価としてお金を稼いでいるわけです。

問題や悩み、欲求を抱える人や企業の数が多大である一方で、それを解決できる人や企業が限定されているならば、それは大変大きな利益を生み出すはずです。独占禁止法に抵触するか否かは別として、ほぼ独占状態でお金を拾い上げることが可能となるからです。つまりこれこそが、儲かるビジネスモデルということになります。

よって、もしお金を稼ぎたいと思うのであれば、まず現在、多くの人が抱える問題や悩み、多くの人が欲しいと思うサービスや商品が何であるのかを考えることです。

そしてそれに対して的確な奉仕を提供することができたなら、それは大きなお金を稼ぐことへと繋がります。

中には、大手企業でなければ実現し得ないこともあるかもしれません。大量生産をするためには大きな工場を持つ必要があります。多くの従業員を雇用するとともに、膨大な投資をして研究開発を進めなければならないこともあることでしょう。

しかし、じっくりと考えるならば、誰もができる奉仕を見出すことはできるものです。一般家庭で発生する問題を解決することで、大きな利益を上げている個人経営者も、決して少なくないからです。

いかがでしょうか。お金の落ちている場所を探し、そして拾い上げる。知ってみれば簡単なことですが、この考えに至る人は、意外にも少ないものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、経済的自由を得るためのお金学について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。お金に関する知識を持つとともに、意識改革や環境整備を実現するだけで、年収に関係なく、すぐにでも経済的自由を得ることができるものです。もしお金の問題に頭を抱えるていらっしゃるのであれば、本サイトは、大いに役立つものになることでしょう。

カテゴリ一覧


お金の稼ぎ方編